ウェディングドレスから露出する背中の毛をきれいに処理する方法

ウエディングドレスは背中が露出する可愛いデザインのものを着たいけど、背中の毛を処理していないとスポットライトを浴びたとき背中が汚く見られてしまわないか不安になってしまいました。

そうなったのもウェディングドレスの試着の時に写真を撮ったのですが、背中の産毛がはっきりと写っていたんですよ。

前撮りの時に綺麗なウエディングドレス姿の写真を残したいけど、背中が気になってしまいそうですし、結婚式でも招待客に背中が汚いと思われてしまうのも嫌ですよね。

友人などの招待客が結婚式で撮影することがあると思いますが、いまのスマホはとても高画質ですから、背中の産毛や汚れもはっきり写ってしまいます。せっかくの晴れ舞台なのにSNSで背中が汚い状態で見られてしまうことも絶対に避けたいです。

結婚式の前に背中の毛の処理はどうしていたのか、先輩花嫁の体験談を紹介します。背中の毛をどうしようかと悩んでいる結婚式前の花嫁さんは参考にしていただければと思います。

結婚式前に背中の毛を処理しました

試着の時に背中の毛が目立ってしまうことにビックリしてしまいました。スタッフに見られないよう脇毛はきちんと処理していたのですが、背中の毛ことは頭にありませんでした。

背中をチェックすることは普段ありませんし、どうなっているのかわからなかったのです。それでも結婚式前に背中の毛を処理すべきだと言うことが分かったのは良かったです。

背中の毛を処理しておけば、きれいな背中でウェディングドレスを着られますからね。

背中の毛の処理はどうすればいいか考えたのですが、二つの方法が代表的なものとなります。

ブライダルシェービング

結婚式前にしっかり背中の毛の処理をしたいならブライダルシェービングです。エステとセットになっているケースが多いですので、手軽にムダ毛処理を済ませられるのもメリットです。

ゼグシィのアンケートでは結婚式前に約8割の花嫁がブライダルシェービングを行ったと回答しています。

ブライダルシェービングの費用は平均で1~2万円です。ブライダルエステとセットになっている場合はコースによって価格が変わりますが、シェービング単体であれば比較的安い予算で済ませることができます。シェービングは一般的にこちらの2つの方法となります。

ソフトテーピング

トリマーや電気シェーバーでムダ毛を処理する方法です。カミソリを使って処理する方法ではないので理容師免許のないエステシャンでも出来る処理方法です。

カミソリを使わないので肌にダメージがありませんので敏感肌の人にはソフトシェービングが向いています。ただし産毛であっても剃り残りが生じやすいですし、角質層までしっかり除去できないので、ムダ毛処理後の肌の状態を綺麗にしたいのであれば、次に紹介するレザーシェービングをお勧めします。

レザーシェービング

レザーシェービングはカミソリで処理を行いますので理容免許を持っていることが必要です。ムダ毛だけでなく角質を除去できるので美肌効果も期待できます。

ただしカミソリ負けするなど肌への負担も大きいので背中のレザーシェービングは結婚式前日などの直前は避けた方がいいでしょう。事前に結婚式の何日前に行うか相談のうえ、最適な条件で行ってください。

シェーバーで自己処理

私はエステ費用を節約したかったので背中の毛はシェーバーで自己処理しました。

カミソリや脱毛クリームなどに比べて肌の負担もありませんし、エステと比較すると費用も抑えられます。もちろん自分では背中にシェーバーを当てることができないので、現在の旦那さんに手伝ってもらいました。

事前にシェーバーを強く当てたりしないで、背中を優しく撫でるように処理するよう説明しました。将来の旦那さんに頼むのが恥ずかしいのでしたら、お母さんに頼んでみてください。

デメリットは一人暮らしの場合はできないということです。 その場合はエステで背中のムダゲ処理を頼んでください。

全身脱毛はなく背中などを部分脱毛でしたら費用は抑えられますので、必要な部位に応じてコースを決めるようにしてください。