結婚式の何日前に背中のシェービングをするのが最適なのか?

結婚式の何日前に背中のシェービングをするのが最適なのか理解できていますか?

ウエディングドレスが背中が大きく開いたビスチェタイプのドレスでしたら、招待客の視線を集めることになりますので綺麗な状態で結婚式当日を迎えたいですよね。

背中は自分で見ることができませんし普段からチェックすることがあまりないですから、尚更結婚式までに綺麗な状態にしておきたいものです。

シェービングをはじめて体験する人でしたら、いつシェービングをすればいのか適切な時期はわかりませんから、タイミングを間違わないように結婚式の何日前に背中のシェービングをするのがベストなのか調べました。

結婚式前にシェービングを予定している人は参考にしてください。

ブライダルシェービング

結婚式を控えた花嫁のためのシェービングはブライダルシェービングと呼ばれることが一般的となっています。ブライダルシェービングは結婚式場や披露宴を行うホテルから業者が指定される場合があります。

指定がないのでしたら自分でブライダルシェービングをするエステや業者を探す必要があります。結婚式前は準備で忙しいですから余裕を持ってブライダルシェービングを行う日時を決めるようにしましょう。

ブライダルエステを行う業者ではブライダルシェービングとブライダルエステがセットになるところもあります。それぞれのコース内容を確認して予算に応じたコースを選ぶこともお忘れなく。

シェービングの初日は1ヶ月前に

シェービングを複数回に分けて行う場合、初回は結婚式の1ヶ月前に行うようにしましょう。肌質は人それぞれ異なりますので特に敏感肌でしたらカミソリ負けしてしまい剃り跡が赤く腫れ上がってしまうこともあります。

結婚式の1ヶ月前に一度テストをして、シェービング後の肌の状態がどうなるのかチェックしましょう。シェービングの初日でアトピーやニキビなどの状態もチェックすることで今後ケアが必要なところもわかります。

このように1ヶ月前にチェックしておけば、計画を持ってセービングできますし、結婚式当日に肌荒れや腫れ上がりを心配することがなくなります。

シェービングの初回が早すぎるデメリット

テーピングの初回が早すぎますと 一回やったからいいと安心して、その後に処理をしないまま結婚当日を迎えてしまい、いざ結婚式当日には背中の産毛が目立ってしまう状態になってしまったそうです。

背中の産毛が気になってしまい結婚式も不安を抱えたまま過ごすことになってしまったと後悔しまったと言っていました。そのようなことにならないよう計画立てて数回に分けてテーピングを行うようにしましょう。

反対に結婚式直前にシェービングをしたため失敗した体験談も紹介します。

結婚式当日に背中が赤く腫れ上がってしまった

結婚式の準備で忙しかったため結婚式前日にシェービングを行うことになりました。シェービングはとても快適でスムーズに執り行われたのですが、翌朝目覚めたら背中が赤く腫れ上がっていました。

式前にお化粧をしていると背中がどんどん赤みを帯びてきて純白のウエディングドレスのコントラストもまって赤い腫れ上がりがとても目立つようになっていたのです。

背中にファンデーションを塗ってもらって背中の赤みは目立たなくすることができましたか、結婚式が始まったときは不安な気持ちになってしまったということです。

こちらのケースのように結婚式前日のみのシェービングはトラブルを起こる可能性が高いですし、1ヶ月前にシェービングを試しておくのがベストだということがおわかりいただけたと思います。

まとめますと

結婚式1ヶ月前にシェービングをして肌質をチェックする
3~7日前に背中や腕をシェービングする
顔のテーピングは1日前

シェービングをすることで綺麗なお肌の状態で結婚式を迎えることができます。そんためにも結婚式までに余裕をもってシェービングのスケジュールを決めましょう。

それでは素敵な結婚式となることを心より願っています。